概要

●自然エネルギー大学リーグの目的 

日本国内の大学において自然エネルギーの活用等を促進することを通じて、大学活動に伴う環境負荷を抑制し、脱炭素化を目指すこと。

 

●自然エネルギー大学リーグの活動 

上記の目的を達成するため、大学組織並びに大学の教職員・学生及び知見を有する関係者等が、知見の共有、ネットワーク化、相互研鑽、人材育成、海外大学との交流を通じて、各大学における自然エネルギーの活用等を促進し、自然エネルギー 100 %を目指す大学を増やす。

なお、自然エネルギー100 %等の認定及びフォローアップについては、それらの事業を行う既存の他組織等と連携することとし、本リーグとしての認定等は行わない。

 

●基本情報

名称     自然エネルギー大学リーグ  (Renewable Energy University League of Japan)           

設立年月    2021年6月7日

URL       https://www.re-u-league.org/
 

●設立趣意

 

ダウンロード
設立趣意書.pdf
PDFファイル 190.7 KB
ダウンロード
Prospectus(English).pdf
PDFファイル 143.3 KB


事業計画

1.全国大会・総会の開催
・毎年1回、全国大会・総会を同時・同場所にて開催する。
・全国大会は、大学における自然エネルギーの活用・脱炭素化等に関する意見交換を行う。
・総会は、運営に関する決定を行う

 

2.定例セミナーの開催

・大学における自然エネルギーの活用・脱炭素化等に関する情報を提供する

 

3.大学における自然エネルギーの活用等の情報提供

 ・ホームページの運営、メールニュースの発信等を行う。

 

4.国内外の大学・専門機関との交流

・目標を共有する海外の大学を含め、意見交換と交流を行う。


5.教育プログラムの研究

・持続可能な社会・脱炭素社会に貢献する人材を育てる手法を研究し、実装を推進する。


6.専門家等とのマッチング

・会員からの問い合わせに対し、専門家等を紹介する。


7.上記事業に関連する業務

 


ロゴ

知識が広がる開かれた本が風になびく様子を表現し、「自然の力 エネルギー 」と「この場所で蓄積した知識や活動が社会に拡がっていく」ことをシンプルに表現しています 。


会員・体制等

●組織図

●会員

2021年6月7日から、会員募集を開始しています。 詳しくは、MEMBERSHIPのページをご覧ください。

 

世話人等

 原科幸彦(千葉商科大学学長/代表世話人)、岩切正一郎(国際基督教大学学長)、

 岸田宏司(和洋女子大学学長)、髙祖敏明(聖心女子大学学長)、林佳世子(東京外国語大学学長)、
 金田一真澄(長野県立大学学長)、曄道佳明(上智大学学長)、
 越智光夫(広島大学学長)、田中雄二郎(東京医科歯科大学学長)

 

●顧問

浅岡美恵(気候ネットワーク理事長)、飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)、
大野輝之(自然エネルギー財団常務理事)、末吉竹二郎(国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問)

武内和彦(地球環境戦略研究機関理事長)、中井徳太郎(環境事務次官)、

西岡秀三(地球環境戦略研究機関参与)、浜中裕徳(イクレイ日本理事長)、

山本良一(気候非常事態ネットワーク委員長)

 

●幹事

明日香壽川(東北大学教授)、金子慎治 (広島大学国際室理事(グローバル化担当))、
木村護郎クリストフ(上智大学教授)、倉阪秀史(千葉大学教授)、

佐々木寛(新潟国際情報大学教授)、竹内彩乃(東邦大学講師)、田中信一郎(千葉商科大学准教授)、
茅野恒秀(信州大学准教授)、永田佳之(聖心女子大学教授)、西城戸誠(早稲田大学教授)、
浜島直子(千葉商科大学准教授)、Eckhard Hitzer(国際基督教大学上級准教授)、
平田仁子(千葉商科大学特別客員准教授)、丸山康司(名古屋大学教授)、
三浦秀一(東北芸術工科大学教授)、山下英俊(一橋大学准教授)、分山達也(九州大学准教授)

 

●事務局

田中信一郎(事務局長)、北橋みどり(事務局次長・情報担当/株式会社イー・コンザル)、
竹内彩乃(事務局次長・学生担当)、中西悦子(事務局次長・企業担当/パタゴニア日本支社)、
浜島直子(事務 局次長・行政担当)、平田仁子(事務局次長・ NGO ・国際担当)、
宮後裕充(庶務担当/ CAN Japan)